【おすすめ】USB3.1 Gen2 type-c ケーブルのベストバイ! Anker powerline 2

my new gear

どうも、アヘバス管理人です。

今回もストレージ周りのケーブルレビュー。

前回のこのカテゴリでSSDケースを紹介しました。

実はこのSSDケース。

新型MacBookへの接続の際に必須のtype-C→Cケーブルがケースに同梱されていないんです!

なので、今回はType-C ケーブルの話。

服を選ぶ時はズボンやシャツよりも小物を高いものにしろという話があるのですが、PCサプライにおいてもどうやらその理屈は通じそうという話です。

そうなんです。旧ブログで紹介していたType-cケーブル。

やはりというべきか問題があったので、ちょっと高かったのですが、AnkerのpowerLineケーブルを購入しました。

Ankerとは

グーグルのエンジニアが独立して立ち上げたモバイルガジェットを専門に販売する会社です。

https://www.ankerjapan.com/

モバイルバッテリーの火付け役みたいな会社で、安価で高品質、上質なパッケージが売りです。

最近は似たような中華ブランドの栄枯盛衰が激しく、安価でもなくなってきましたが、ひとまずここのを使っておけば安心みたいな所はあると思います。

PowerLineケーブルとは

Anker社が販売している充電ならびにデータ通信用のUSBケーブルのブランドです。断線のトラブルになりがちな折り曲げる動作に対して高耐久を謳っていますが、柔軟性が高く使いやすい方だと思います。

リンクを紹介していますが、ページに入って、C-C 0.9mというケーブルが2019年6月現在1999円で販売されています。

USBケーブルなんてどれも一緒じゃん

高耐久性が売りのPowerLineですが、ケーブルなんて所詮消耗品だし、なんでAnkerなの?EL○COMやSA○WAでもいいじゃんという意見ももっぱらそのとおりだと思います。

ただ、国内メーカーを差し置いてAnkerをおすすめするポイントがもちろんあるからおすすめしているわけです。

理由は以下の3点

  • 仕様どおりのUSB3.1 Gen2 type-Cケーブル
  • 同カテゴリ製品の中で一番安い
  • 加えて高耐久かつ柔軟で扱いやすい

結構ありがたいケーブルなので、この3つのポイントに紹介していきます。

仕様どおりのUSB3.1 Gen2 ケーブル

データ転送速度が10Gbps、高速充電規格USB PD 対応、オルタネートモード対応ということで、USB Type-Cの利点を100%活かせるケーブルになっています。

メーカーが喧伝しているだけではなく、「USB-IF認証」と呼ばれるUSB規格を決めている団体が「この製品は規格を満たしているので安心して使えますよ」というお墨付きも貰えているのがポイント。

充電ケーブル、それ自体は100円ショップでも買える時代ですが、DJにとっての生命線である音楽データをケーブル事故で無くしたらダメージはでっかいです。安心にお金を払いましょう。

また、長さが90cmとモヤっとするかもしれないのですが、実は1m以上のケーブルの場合はデータ転送速度がUSB 3.0と同じになるので、データ転送速度を早くしたいと思っている方は1mのケーブル買っちゃいけないんですね。

同カテゴリ製品の中で一番安い

じゃあAnker以外に90cmの安いケーブルを探すとコレが売ってないんですね…。次点でBelkinというサプライメーカーも似た仕様のケーブル販売しているのですが、性能一緒で価格が高いとなると採用しづらいです。

加えて高耐久かつ柔軟で扱いやすい

傷みやすいケーブルのネック部分がモールド整形されているので過度に引っ張ったりしない限りは断線が起きにくいです。また、ケーブル自体は太いのですが柔らかく、取り回ししやすいです。

Win派がこのケーブルを使う利点

Macbookユーザーの場合は Type-C端子のみの構成であることが殆どなので、安心かつ純正よりも安価に使えるケーブルは待望の品だと思います。

Win派の人にももちろん利点があります。S255にSSDを入れて使った場合、外付けSSDが理論値で動きます。ちょっと前のポストで紹介したThinkbook 13sでもかなり早いスピードでデータのやり取りができるようになりますよ。

10万円以下PC真のベストバイです。
Core i5 メモリ8GBのThinkpad T580でほぼ理論値が出る!早い!

楽曲データくらいではあんまり利点を感じないかもしれませんが、大容量データを扱う際やバックアップを取る時はかなり重宝する上に、対応アダプタを使用すれば充電ケーブルになるのでもう1年もしない間に買ってよかったと思う日が来ると思います。

総評

仕様どおりにちゃんと使える上に低価格だからコレが一押し、というのが今回のポストの内容になるわけですが、実際ケーブル2000円っていうのは高い気がしなくもないわけです。

ただ、無銘メーカー製品を使用したばっかりに、Thinkpad内のWindowsをクリーンインストールするか否かの選択を迫られている私としてはいい加減なものをすすめるわけにもいかないので、安心して使いたい方は、マジで。大丈夫!

2000円なら一回だけ飲み会我慢すればすぐだし、仮に粗悪なケーブル掴まされてPCの端子ぶっ壊したら4万円の修理代がかかるわけですよ。

小物にはきちんとお金をかけましょう…そうすることが一番の節約の道になるというしくじり先生的な話でした。

まとめ

これにしときなさい。