防音

DJ向けの防音対策 遮音/防音カーテン編

どうも、引越しでバリバリ作業中のDJ、アヘバス管理人です。

防音対策記事の第2弾はカーテン選び、種類も価格も多すぎていまいちよくわからない防音カーテンについての考察記事。

防音カーテンとは

一般的なカーテンにコーティングや生地自体に工夫を加えているタイプのカーテンです。

遮音カーテンとも言われており、表記は様々ですが、機能的にはどの製品大体このような機能を持っています。

  • 遮音/防音効果 音を遮る、減らす
  • 遮熱/外の暑さ寒さを遮る
  • 遮光1級/部屋に光が入らなくなる
  • 防炎/燃え広がらない(ものによる)

防音カーテンは気休めなのか?

さて、この防音カーテンですが、レビューによっては効果を体感したしてないによって天と地程の差があります。

その為、防音カーテンは気休めであると控えめな評価を下される傾向があります。

これに関しては客観的なデータと主観的な期待に差異があるものだと理解する、つまり防音カーテンの導入に対して適切な期待値をもって購入するべきとしか言えません。

防音カーテンの効果を感じるために

という事で、導入に対しての期待を裏切られる形になりやすい防音カーテンが完全無欠の遮音性があると誤解しないために以下の5点を了解しておいたほうがいいです。

  • 所詮は布
  • 低周波に対する防音効果は基本的にない
  • 外からの音はほほ防げない
  • 防音レースカーテンはセットで施工する
  • 窓と対面での音響機器レイアウトはNG
所詮は布

当たり前ですが、いくらコーティングをしたとしても所詮は布。

しかも吊り下げるタイプなので密閉性は低いです。

また、前回ポストで記述した基本要素である重量を重くする事自体にも限度があります。

完璧なシャットアウトを考えているのであれば、二重サッシの施工、ボードで窓を埋めるといった事が必要になります。

低周波に対する防音効果は基本的にない

メーカー毎に各周波数帯の減音効果の表がありますが、160hz以下の低音に関してはほぼ減音効果がありません。

自宅にサブーウーファーを導入したとしても、恐らくパワーを受け止めきれず貫通する場合が殆どです。

今回は特に楽器可能など、防音施工が行われていない住宅にスピーカーを導入するというシチュエーションを想定しているので、装置のパワーを増やすよりかはレイアウトや吸音材遮音材の配置を見直し小さなパワーでも聞きやすい環境を構築するほうが重要です。

外からの音は防げない

現状導入しての所感に過ぎませんが、車の通行音やエアコン室外機の音は普通に聞こえます。

内から外への遮蔽効果はありますが、逆はほぼ無いものと思って下さい。

気休めレビューを下す人の多くが外からの音に対しての遮音効果を感じないと記述しています。

防音レースカーテンはセットで施工する

防音カーテンの他に表面をポリウレタン樹脂でコーティングした防音カーテンなるものが存在します。

どの製品もどちらかと言えば遮熱に重点を置いた製品になるので、防音レースカーテンと言ってもそれ自体の防音性能はお察しレベルです。

しかし組み合わせることで防音効果はアップするので、個人的には防音レースカーテンも同時に買ったほうが良いと考えます。

窓と対面での音響機器レイアウトはNG

以上の事から防音カーテンは万能の防音設備であるとは言い難いです。

基本的にはカーテンを設置する窓と対面での設置は避けていきましょう。

最強防音カーテンの銘柄

さて、そんなわけで今回の本題。

防音カーテンも各社から発売されており、防音で検索しても中々目的のものに辿り着くのが難しいです。

そこで独断と偏見でおすすめのお品物紹介。

結構時間かけて探しましたが、やっぱり定番商品が強いということになりました。

防音カーテンのおすすめ

防音カーテンコーズ

デザインと価格が妥協できるならコレ一択。

吸音構造の布部分と5層のコーティング層で1番重たいカーテンです。

値段とカラバリの少なさがネックですが、間違いないものの一つです。

また東京スターライトの「ソフト音」はコストを若干抑えてカラバリが増えています。

https://softon.jp/Curtain1.html

ネットショップ出品がないので若干不安ですが、構造はコーズと同じなので検討の余地はあると思います。

防音レースカーテンのおすすめ

防音レースカーテン トル

防音レースカーテンの中でもウレタンコーティングを両面でコーティングを行っている製品は結局コレしかありませんでした。

メーカーは川島セルコンですが、川島セルコンの通常ラインナップには表記がないので恐らく特注です。代替品がありません。

価格の高さも納得ですね…

いずれも1枚入りなので、購入時は2枚必要です。

良コスパで選ぶ防音カーテンはコレ

という事でピアリビングで揃えるのが1番いいわけですが、掃き出し窓用のカーテンをセットで揃えると6万円近くするので、あえなく断念。

色々調べた結果、防音カーテンをニトリでセミオーダー、防音レースカーテンは装英のウレタンコーティングカーテンを購入しました。

ニトリ防音カーテン

https://www.nitori-net.jp/ec/product/7376105-1s/

こちらのフェール2という品物にしました。

アクリル4層構造+布面ということで一般的な防音カーテンとほぼ構造面では同じです。

規模の経済性の観点から他社製品より安く買えることが決め手になりました。

色々あってAフックで発注しましたが、皆さんは購入するときにしっかりサイズを測ってBフックで購入してください。

また、サイズオーダーの際はちょっと引きずるくらいの長さでオーダーしましょう。

装英 防音スタイル レースカーテン

片面ウレタンコーティングの防音レースカーテン。

カーテンくれないより発売のシズカレースのサンプルと触った感じ変わりませんが、値段がやや抑えられています。

管理人の財政事情をずいぶんなんとかしてくれました。

こちらのレースカーテンはカーテンフックのオーダーがないのでAフックで使用します。

こちらも可能な限り、床面スレスレの長さをオーダーしていきます。

効果の参考動画

DJM-900NXSのbooth端子から6インチスピーカーでドラムンベース往年の名曲、「LK」を流している動画です。

スピーカーのボリュームは5レベルの設定。ミキサーはMaster 0db、trimを7で設定しています。

iphoneのマイクであること、db計を持っていないので分かりづらいですが、結構でかいです。

体を包み込むような音は出せませんが、実家暮らしなら絶対出せない音量です。

ニトリ、優秀じゃないでしょうか?

おわりに

さて、防音カーテンは万能ではないと言いつつも、個人的には満足いくレベルで音量が出せた上で遮音をしてくれると感じました。

6畳間に置くのであればサイズ的には5インチ、もっと小さくなって3インチのスピーカーが多くなるので、変な話窓からの音漏れは気を使うことがなくなってくると思います。

この程度のオーディオ環境であれば近所迷惑を気にせずに音を出すことができるのではないか、という話でした。

防音カーテンのおすすめの買い方

ニトリで購入する場合は既製サイズは楽天に出店しているので、お買い物マラソン時に楽天カードで購入するのがオススメ。

基本バリエーションのフェズリからデザインの有無で値段が上下しますが、割安感があっておすすめです。

余談ですが、本日20時から楽天マラソンです。

装英のレースカーテンもマラソン期間に注文すればその時点でポイント倍率が上がります。

 

-防音
-, ,

© 2021 アへ顔バッドアスギーク