Rekordbox

Rekordbox5.8.6 Windows版で発生したディスプレイバグと対処法

どうも、アヘバス管理人です。

恐らくリリースされないと思っておりました、Rekordbox5に新型Mac対応のアップデートバージョン5.8.6が登場しました。

Windowsユーザーの私にはあまり関係のない更新ではあったものの、とりあえず入れておくかの精神でアップデートをかけたところ、不具合が発生したので対処法を備忘録として残しておきます。

5.8.6でディスプレイバグ

Rekordbox Performance mode起動時、楽曲再生すると描画レートが低速になり、高負荷モードとPC本体の発熱、加えてソフトのフリーズが発生しました。

ハードの仕様はSkylake Core i7、メモリDDR4 16GB デュアルチャネル、SSD 256GBとPCDJをするには全く問題ないスペックです。

ただ、私のThinkpad4年目に突入し、ぼろぼろになってきているので、ハードウェアの問題なのか、それともソフトウェアの問題なのか、原因は特定はできていません。

しかし、幸いなことに何とか修復できたのでお伝えします。

ディスプレイバグ対処の手順

  • Performance mode→環境設定→表示 描画レートを確認
  • 描画レートを変更し、Rekordboxを再起動
  • もう一度描画レートを変更し、Rekordboxを再起動

これが手順になります。

Performance mode→環境設定→表示 描画レートを確認

環境設定の中段あたりに’ある「描画レート」を確認し、「高速」にチェックが入っている場合は次のステップに進みます。

描画レートを変更し、Rekordboxを再起動

描画レートを「中速」に変更し、Rekordboxを再起動します。

もう一度描画レートを変更し、Rekordboxを再起動

Rekordboxを再起動し、描画レートを「中速」から「高速」に戻して再び再起動します。

Windows、レコボユーザーでお困りの方は試してみてください。

余談:これでも症状が直らない場合

再現性のある不具合ではないので、全てのWindows PCに対応しているトラブルシューティングではないと思いますが、もし、この方法で直らなかった場合は通常、PCのトラブルシューティングフローチャートをメモしておきます。

  1. PCの再起動
  2. Rekordboxのアンインストール&再インストール
  3. デバイスマネージャ→グラフィックドライバのアンインストール→再起動
  4. Windowsのクリーンインストール(最終手段。できれば使わない)

 

 

-Rekordbox
-, , , ,

© 2021 アへ顔バッドアスギーク